ホーム > 質問&回答一覧 > マンション相談にかかる費用を教えてください

マンション相談にかかる費用を教えてください

その他

マンション相談にかかる費用を教えてください

Qマンション管理士などの専門家に相談すると費用はどのくらいかかるのですか。県や市の無料相談会と、どう違うのでしょうか。

A

地方公共団体のマンション相談のほとんどは、NPO団体やマンション管理士など専門家が、ボランティアの相談員として協力しています。

また、NPOや管理士会、あるいは直接マンション管理士や建築士などの専門家に相談をされる場合、第1回目の相談料は無料という場合が多いようです。電話相談は無料としている団体もあります。

2回目以降の相談、あるいは特別な準備、調査が必要な内容は有料となるのがほとんどです。第1回目の相談時に、相談内容、協力してほしい事項を詳しく伝え、費用を見積もってもらいます。

管理規約の改定、長期修繕計画の立案などを委託する場合、その作業量に応じて費用がかかりますので、事前に組合総会での承認決議が必要になる場合があるかもしれません。

 

以下に、NPO埼玉マンション管理支援センターの料金表を掲載しますので、参考にしてください。

 NPO埼玉マンション管理支援センターは正会員、賛助会員の会費、ボランティア活動、支援者からの寄付などによって運営されております。センターの支援活動を維持するため、埼管センターを利用する方からは必要経費の負担をしていただいております。

 

 

NPO埼玉マンション管理支援センター価格表
(平成261025日現在)

.センター事務所での相談料

初回相談:
・1時間30分まで無料。
・初回相談時間は1時間30分を上限とします。

2回目以降の相談:
・1時間30分以内15,000円、以後30分単位5,000円。
・相談員のスケジュール上、延長が難しい場合があります。
・複数課題、詳細相談の場合、事前にお申し出ください。

 

2.マンション訪問、近隣集会所などへの出張相談

初回からの訪問相談はありません。第1回目の相談(無料)はNPO埼管センターの事務所にご来所ください。
2回目相談以降:・2時間まで35,000円。以後30分単位5,000円。
交通費など:・交通費は実費精算とします。

 

3.気づき診断(現状把握)の実施

・ヒアリング調査と報告を各1回2時間程度。
・事務所にての実施、貴マンションでの実施ともに無料。

 

★以下4.~7.は、100戸程度のマンションの場合の個別調査、相談費用例です。

 

4.現行長期修繕計画の検討、再作成

A.基準料金100,000円。
・過去5年以内に作成された長期修繕計画の問題点の指摘、改善案の提示:

B.見積料金:400,000円~800,000
・不完全な資料から新たに長期修繕計画を作り直す場合。
・例:設計図書、積算原資料、工事記録などが所在不明・・・。

 

5.マンション建物診断実施料金

・簡易建物診断:基準料金255,000円 追加物性試験90,000
・足場を設けず外観目視、打診、触診調査の範囲内で半日程度。
・調査診断報告書2部、説明会。
・追加物性試験内容:外壁塗装皮膜およびタイルの付着強度試験躯体コンクリートの中性化震度測定試験シーリング材の物性試験

・給水管劣化調査A.内視鏡調査:110,000
・洗面台、トイレ、台所、風呂場、量水器まわりなどを調査。(指定された3戸分の調査を実施)
・撮影報告書提出、説明会。

・給水管劣化調査B.抜管調査:190,000
・2戸の量水器周辺の継ぎ手部分を抜管し、劣化状況を確認。
・抜管サンプルと報告書を提出、説明会。

・排水管劣化調査A.内視鏡調査:210,000
・2系統の共用部縦本管、横引き管、外部本管、専有部台所および浴室枝管を調査。
・報告書提出、説明会。

・排水管劣化調査B.抜管調査:210,000
・2戸の台所流し枝管(雑排水管)を抜管し、劣化状況を確認。
・抜管サンプルと報告書を提出、説明会。
・付帯工事(床、壁、天井などの開口、復旧)は別途見積り。

 

6.管理規約の見直し、作成業務

A.現行規約の精査、問題点の抽出、改定試案の作成まで:200,000円~500,000
・現行規約の整備状況、改訂作業のどこまでをセンターで担当するかにより、費用は大幅に変わってきます。
・報告書、改定案USBメモリー、説明会。

B.標準管理規約をベースにした新規規約作成:               150,000円~200,000
・原始規約のままで、ほとんど改訂されておらず、規約と現実とが大幅に食い違う場合、新規作成の方が時間、コスト面から適切ともいえます。
・報告書、改定案USBメモリー、説明会。

 

7.組合員対象の説明会、セミナー

A.理事会、修繕委員会メンバーを対象に行う上記調査の報告会1回分は費用に含まれます。
B.2回目以降の説明会、組合員、居住者対象の説明会は1回  35,000円、資料作成費、交通費は実費となります。
C.センターアドバイザー、外部専門家による特定テーマのセミナー講師料は1人2時間30,000円~70,000です。
(交通費、資料印刷費などは実費)D.センターアドバイザーの、理事会や委員会への継続的な出席や、勉強会の実施についてはご相談ください。


前のページに戻る

埼管センターの活動

管理組合が主体のマンション管理の実現に向け、マンション管理、管理規約の見直し、大規模修繕工事の進め方などのサポートをおこなうNPO法人です。
このホームページで、マンションの管理・運営、修繕、トラブル解決、建物や設備の維持管理など、実例やよくある疑問・質問をもとに情報発信をおこなっています。

NPO埼玉マンション
管理支援センター

〒338-0002
さいたま市中央区下落合5-10-5
アステリVIP

TEL:048-711-5264


マンションの管理・修繕・トラブルでお悩みなら

無料相談

さまざまな問題を解決してきた実績のあるスタッフが対応いたします。

セミナー申し込み

マンション管理や大規模修繕工事推進のヒントが見つかるセミナーを随時開催しています。

ユーザー登録

埼管センターからマンションに関する管理・運営情報を定期的にお届けします。


アドバイザー紹介

アドバイザーのご紹介

経験・実績豊富なアドバイザーがみなさんの相談に対応します。